ギャップの先の面白さ

新しい職場に就いた新人が、仕事に違和感を感じて他の業種へと職を変えるといったことはよくある事だろう。
しかしできるならば、事前にどのような仕事の内容であるかを十分に確認した上で、仕事を選んだほうがスムーズにビジネスを始められる。システムエンジニアの仕事でも、希望を持ってこの仕事を選んだものの、ギャップを感じて転職するといったケースがある。その要因としては、システム開発の仕事があまり世間に走られていないという点が挙げられるのだ。

コンピューターシステムの開発といえば、スタイリッシュでクレバーな仕事であるようなイメージがある。ただし実際には、地道で体力勝負な仕事の側面が強いというのが、システムエンジニアの実状なのだ。この点について理想とのギャップを感じてしまい、早々に次の仕事へと移ってしまう新人も多い。

しかし、そのギャップを乗り越えた先には、これまで知らなかったシステム開発の仕事のやりがいや醍醐味を感じ取ることができる。このことから、当初イメージとして抱いていたイメージとは違っていたとしても、その仕事の本当の良さを知ることができるまで続けてみることが必要である。

当初のイメージとは大きく異なっていたとしても、その先には、これまで知らなかった思いがけない仕事の面白さが待っている。システム開発の業界としても、この仕事の大変さだけでなく、やりがいある側面について伝える活動が必要なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です