苦労を越えたくなるのはなぜか

コンピューターシステムの開発の仕事に就くためには、高度な技術開発のスキルを身につける必要がある。またさらに、その技術を駆使して、難しい開発の課題に取り組む必要がある。また加えて、スケジュールが厳しい場合には、徹夜が続くなど苦労も確かに多い。しかしそれでもシステムエンジニアとして仕事を続ける人たちがいる背景には、この仕事にやりがいを感じられているという点がある。

難しい課題を前にして、人それぞれに対応の傾向は異なる。難しいことは避けて他の道を探る人がいる一方で、あえて難しい課題に意欲的に挑む人たちがいる。その難題を乗り越えたことから得られるやりがいは、非常に大きい。システムエンジニアにもそのような傾向があり、仕事に苦労は多くとも、むしろその苦労を楽しんでいる傾向にある。システム開発の仕事は難しく苦労が多いように見えても、その奥に多くのエンジニアを惹きつけている魅力が存在する。

システム開発の仕事を続けるのであれば、苦労の先にどのような強い魅力があるのかについて、早く気づいたほうが仕事に意欲を持つことができる。システムエンジニアの仕事の魅力に気づく機会としては、難しい仕事をやり遂げることができたときや、あるいは仕事にやりがいを感じているエンジニアの仕事ぶりを側で目撃するなどのケースがある。システム開発の仕事の魅力的なポイントを知っているかどうかで、その仕事が長く続けられるかどうかも左右される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です